スポンサーリンク

Black Shark 3 ・Proが発表!!物理LRボタンで相手を圧倒せよ。スペック・対応バンドも見ていくよ。

XiaomiのゲーミングスマホBlack Shark 3・Black Shark 3 Proが登場Xiaomi
スポンサーリンク
りんご
りんご

Xiaomiからゲーミングスマホかぁ。え、2種類あるの?

android君
android君

うん。2種類あるね。

Pro版はディスプレイが豪華だよ。

スポンサーリンク

Black SharkはXiaomiのゲーミングサブブランド

Black SharkはXiaomiのゲーミングスマホブランドで、Fortniteで有名な世界最大のゲーム会社Tencentとコラボして、これまでも多くのスマホゲーマーを虜にしてきました。今回発表されたのは、Snapdragon 865搭載のBlack Shark 3・3 Proの2種類です。

今回から、Snapdragon 865搭載ということもあり、5Gに対応するようになりました。

無印版とPro版はぱっとみ似たように見えますが、ディスプレイ性能を中心にPro版のほうが性能が上ですが、もちろん価格も上昇します。

ゲーミングスマホについて知らない方のために簡単に説明すると、アクセサリーを合体させることで物理ボタンを増やせられるスマホなのです。

ワクワクしてきましたか?

スポンサーリンク

Black Shark 3はゲームに特化したスマホだ

スペック一覧は後程紹介するとしてここでは、このスマホをゲーミングスマホたらしめている部分を見ていきます。

Pro版はLRボタン搭載

LRボタンは感ある式でなくポップアップ式で最高

ご覧の通り、Pro版には4つの物理ボタンが追加で存在します、この左右両端のボタンがPro版のみ搭載となっています。このポップアップ式トリガーがPro版最大の特徴で、空気トリガー式なため、ゲーム機のような快適な触感が手に入れられることでしょう。これでスマホゲームの銃撃等を行えば、快適すぎますね。なお、30万回はへたらず使用できるそうです。LRボタンのあるスマホとか、強すぎでは?

なお、この物理ボタンというのは大きなメリットです。vivoのiQOO 3 もLRボタンがありますが感圧式ボタンなので、ゲームの快感はあまり得られないでしょう。(詳しくは、別記事「iQOO3 は最強コスパ」にて)

残り2つの物理ボタンは、ショートカットボタンです。ゲームモードへの移行や戻るボタンなど設定できます。これは無印版にもついています。ゲーミングスマホにはあると便利ですね。

ちなみにAndroid 10ベースのMIUI 11をさらにゲーミング用に再開発したJOY UI 11により、この物理ボタンを各ゲームごとに設定することを可能としました。

豊富なアクセサリーで優位に立つ

豊富なアクセサリーで充実したゲームライフ

ゲーミングスマホならではの豊富なコントローラも利用可能です。

Black Shark Pro版ではLRボタンだけでしたが、この外付けコントローラーを合体させれば、〇△□×ボタンやスティックまで増やすことが可能です。このコントローラーにがL1だけでなくL2まであるので、さながらPS4のコントローラー「Dual Shock4」です。最高ですね。

これを付けた状態で常にゲームをするのであれば、Pro版でなくてもよさそうです。

ほかにも様々なアクセサリーがあり、特にゲームにおいて重要なのは、外付けクーラーと、背面磁気脱着型充電ケーブルです。

外付けクーラーは元々冷却性能は高いですが、空冷によりさらにチップセットの発熱を抑え、CPU・GPU性能を向上させられます。

磁気脱着型ケーブルでゲームの邪魔にならず充電が可能

背面磁気脱着型充電ケーブルは充電速度が65Wから18Wに減少しますが、このように背面から充電することが可能なので、ケーブルがゲームプレイの邪魔することはありません。これは長くゲームをするならば充電は必須なので便利です。

ただ、今のところアクセサリーは同じくゲーミングスマホのZTEのNubia red MagicやASUSのROG Phone系列のほうが多いです。価格を見ていきます。

Black Shark 3のアクセサリーの価格
Black shark 3のアクセサリーの価格
  • 外付けクーラー:179元(約2800円)
  • 外付けコントローラー(左):199元(約3100円)
  • 磁気脱着型ケーブル:79元(約1200円)

このように手に取りやすい価格なのもうれしいポイントです。さすがXiaomi!!

対称的なデザイン

デザインは奇抜で対称性を重んじている

ゲーミングスマホなので、ゲームをやるために特化されています。なので、ゲームプレイの邪魔になるノッチやパンチホールはなく、完全に長方形なディスプレイとなっています。

それだけでなく、カメラの位置も特徴的にし左右対称になっています。このようなデザインは独特で珍しいですね。このでっぱりも持ちやすさの為でしょうか。

このゴテゴテしたデザインは好みが分かれそうですが、ゲーミングPC・ゲーミングスマホはこういうものなのです。

スポンサーリンク

Black Shark 3 ・Black Shark 3 Proのスペック・対応バンド・価格

ここからはスペックや対応バンドを見ていきます

Black Shark 3 ・Black Shark 3 Proのスペックと違い

Black Shark 3のスペック
  • SoC:Snapdragon 865
    • 5G対応
    • Anutu:約62万点
  • 容量
    • ストレージ:128GB 256GB UFS3.0
    • メモリ:8GB(LPDDR4X) 12GB(LPDDR5)
  • 重さ:222g
  • 3眼+インカメ一眼
    • メイン:6400万画素 f/1.8  1 / 1.72 Samsung GW1
      • 4K 60fps録画対応
    • 超広角:1300万画素  f / 2.25
    • ポートレート:500万画素 f/2.2
    • インカメ:2000万画素 f/2.2 Samsung S5K3T2
  • 有機ELディスプレイ
    • サイズ:6.67インチ
    • FHD+:1080 x 2400ピクセル
    • 90Hz駆動
    • 270Hzタッチレスポンス
    • Gorila Glass 5
  • バッテリー・充電
    • 容量:4720mAh
    • 充電速度:65w
    • ワイヤレス充電非対応
  • その他
    • 画面内指紋認証
    • 対称ステレオ
    • 2種類の物理ボタンの追加
    • Micro SDカードなし
    • イヤホンジャック完備
    • WiFi6対応
    • DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)
Black Shark 3 Proのスペック
  • SoC:Snapdragon 865
    • 5G対応
    • Anutu:約62万点
  • 容量
    • ストレージ:256GB 512GB UFS3.0
    • メモリ: 8GB 12GB LPDDR5
  • 重さ:253g
  • 3眼+インカメ一眼
    • メイン:6400万画素 f/1.8  1 / 1.72 Samsung GW1
      • 4K 60fps録画対応
    • 超広角:1300万画素  f / 2.25
    • ポートレート:500万画素 f/2.2
    • インカメ:2000万画素 f/2.2 Samsung S5K3T2
  • 有機ELディスプレイ
    • サイズ:7.0インチ
    • 2K+:1440 x 3120ピクセル
    • 90Hz駆動
    • 270Hzタッチレスポンス
    • Gorila Glass 5
  • バッテリー・充電
    • 容量:5000mAh
    • 充電速度:65w
    • ワイヤレス充電非対応
  • その他
    • 画面内指紋認証
    • 対称ステレオ
    • 4種類の物理ボタンの追加
    • Micro SDカードなし
    • イヤホンジャック完備
    • WiFi6対応
    • DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)

このようなスペックとなっています。5G三本柱である「WiFi6、LPDDR5、UFS3.0」に対応しており、5G時代の最速な通信を堪能できます。

ゲーミング以外の点でもなかなか性能もよく、特に超広角カメラがよくコストカットされ搭載される800万画素のものではなく、1300万画素となかなかきれいです。最高ではないか。なお、Micro SDカードスロットはないので、自分の欲しい容量に合わせて買うべきでしょう。

無印版とPro版の違いは以下の3つです。

Black Shark 3・Black Shark 3 Proの主な違い
  • 物理ボタンが2個から4個(LRボタン)に増加
  • ディスプレイが高画素化(FHD+ > 2K+)し、サイズが7インチと巨大化
  • 無印版の8GBモデルのみLPDDR4Xとメモリ規格が古い

このような違いがあります。Proか無印版の違いは結構ありますね。プロゲーマーと自認する方はPro版のほうがおすすめです。ただし、重くなりますよ。ディスプレイサイズも7インチと超巨大です。大画面でプレイできますね。

Black Shark 3 ・Black Shark 3 Proの対応バンド

4G対応バンド

Black Shark 3 Black Shark 3 Pro docomo au Softbank
700MHz帯 バンド28 △、田舎 △、田舎 △、田舎
800MHz帯 バンド18 超重要、田舎
バンド26
バンド19 超重要、田舎
900MHz帯 バンド8 対応 対応 超重要、田舎
1.5GHz帯 バンド11
バンド21
1.7GHz帯 バンド3 対応 対応 △(東名阪)
2.0GHz帯 バンド1 対応 対応 超重要 超重要 超重要
2.5GHz帯 バンド41 対応 対応 高速通信用 高速通信用 (注意)
3.5GHz帯 バンド42 高速通信用 高速通信用 高速通信用

4G対応バンドの詳細については別記事「実践編:対応バンド表」「理論編:対応バンド表」をご覧ください。

5G対応バンド

周波数帯 バンド Black Shark 3 Black Shark 3 Pro ドコモ au SoftBank 楽天モバイル
Sub6 3.7GHz帯 n77
n78 対応 対応
4.5GHz帯 n79 対応 対応
ミリ波 28GHz帯 n257

5G対応バンドの詳細については別記事「5G対応バンド表:SoftBankが微妙」をご覧ください。

このような、対応バンドになっています、5G対応バンド表でも述べましたが、ここでも、4G対応バンドがSoftBankがプラチナバンドも対応ですが、5Gはソフトバンク非対応です。本当にSoftBankのn77非対応はSIMフリースマホ愛好家達には痛手ですよ。

対応バンドから素直にグローバル版・日本版の投入を待ったほうがいいでしょう。

Black Shark 3 ・Black Shark 3 Proの価格

Black Shark 3 の価格
  • 8GB + 128GB:3499元(約5.4万円)(LPDDR4メモリ)
  • 12GB + 128GB:3799元(約5.9万円)
  • 12GB + 256GB:3999元(約6.2万円)
Black Shark 3 Pro の価格
  • 8GB + 256GB:4699元(約7.3万円)
  • 12GB + 256GB:4999元(約7.8万円)

このような価格になっています。さすがコスパのXiaomiということで、ものすごく安く仕上がっています。ただ、Pro版は2万円近く値上げされますので悩みどころですね。追加の物理ボタンと2K+ディスプレイに価値を見出すか否かです。

中国版がすでにAliExpressで発売されているのでご利用ください。無印版が約6万円、Pro版が約9万円から販売していました。なかなかお買い得ですね。

スポンサーリンク

デザインが嫌ならXiaomi Mi 10がおすすめ

このゲーミングっぽいデザインが嫌なのであれば、実はXiaomiのフラッグシップスマホである「Mi 10シリーズ」にもBlack Sharkのアクセサリーを合体することができるんですよ。磁気脱着型充電ケーブルが使えないくらいです。外付けクーラーやコントローラーは合体させられます。筆者はXiaomi mi 10のデザインが好きなのでこちらを使いたいですね。詳しくは以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

型落ちのBlack Shark 2が3.8万円!!安すぎー。

予想通り、型落ちとなったBlack Shark 2が安くなっていました。Ali Expressで2020年3月4日現在コントローラー付きのグローバル版が約3.8万円でした。結構安いのでは?ちなみに対応バンドはSoftBank回線でのみプラチナバンド対応です。

別にSnapdragon 855や5G非対応でもいいのであれば、こちらのスマホでもいいでしょう。最新の販売価格は販売サイトでご確認ください。にしても安いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました