スポンサーリンク

iphone 12は先にHuaweiが出しました。Huawei nova 6 SEがかわいすぎます。

Huawei nova 6 SEHuawei
スポンサーリンク
android君
android君

Huaweiから、iphone 12が出ますよー。

りんご
りんご

あのー、ごめんなさい。12はまだ出してないのですが。

android君
android君

そうだね、でも、各所で噂されているデザインを先にHuaweiが出しちゃいました。挑発的というか、なんというか。

Huaweiは面白い会社です。

りんご
りんご

か、かわいいじゃないか。

スペックもなかなか。いいねぇ。

見た目

NOVA 6 SE ピンク
NOVA 6 SE 黒
NOVA 6 SE 緑

3色から選べる。

桜雪クリアスカイ

ファントムブラック

チージングフォレスト

価格

3万円

価格;2199元;約3.5万円

12月18日発売

日本ではまだ発売されていない。し、グローバル版もまだ。

中国では発売されていてるが、もちろん(というか、中国版では昔からだが)GMS(グーグル関連)は使えない。

基本スペック

処理性能;中速

CPU;Kirin810

RAM;8GB

128 GB

ストレージ;十分

ストレージ;128 GB

microSDカードは入らなさそう。

android

最新のandroid10ベース

カスタムアンドロイド

EMUI 10

4眼カメラ

広角

メインカメラ

4800万画素

F 1.8

超広角

超広角

800万画素

マクロ

マクロ

200万画素

ポートレート

ポートレート

200万画素

ディスプレイ、インカメラ

サイズ;大

ディスプレイサイズ;大

6.4インチ

パンチホール

1600万画素

f;2.0

液晶

液晶

フルHD+ 2310x 1080

3D曲面ディスプレイ

バッテリー

4000台

バッテリー;特大

4200 mAh

超急速充電

超急速充電;40w

付属充電器で可能

端子;USB typeC

その他

側面指紋認証

側面指紋認証

イヤホンジャック

イヤホンジャック生存

防水性能;特になし

特に書いてないので。

モノラル

スピーカー;普通

モノラル

特に書いてないのでモノラルと予想した.

NFC

NFC

お財布ケータイはない

まぁ、中国版だからね。

デュアルSIMカード

参考文献

HUAWEI nova 6 SE
华为nova 5i后置2400万AI四摄,多场景智能切换,让每一次拍摄都不同凡响。自拍极点全面屏,将镜头隐藏,解锁更完整的观感体验。前置2400万立体美颜,雕琢天然妆容,美的更自然。前置人像超级夜景,暗光下,也可清晰捕捉人像。

iphone 12 ? としか思えない。

今年は、三眼になった、iphoneさんですが、その独特のデザインは、タピオカだとか、ボトムズだとか言われてきましたが、来年はプラス一個タピオカ増量ということで、4個になると予想されています。(まぁ、来年、androidは5眼競争になるので、4眼でも驚かないですけどね。)

まぁ、現段階では噂話でしかないですが。

でもでも、どんな感じになるか、きになりますよねぇ。それが、こちらです。

Huawei版iphone 12

おおー、タピオカ4個盛です。素晴らしいです。

しかし、これ、実は、Huaweiの12月18日発売のHuawei Nova 6 SEなんですよー。Huaweiさん。これ、どう見ても、iphone 意識してますよねぇ。

しかし、この色。すごくいい。かわいい。

NOVA 6 SE ピンク

これ、かわいくないですか。いいなぁ。でも、日本での発売予定は未定。

Huaweiの日本端末はこのnovaシリーズ、僕は勝手に若者向けシリーズだと思っているのですが(だって、低価格版というにはハイスペックですよ。)、一個前の世代のが投入されています。理由は以下記事を。

まぁ、現段階ではGoogleのサービス全般(GMS;Google mobile service)が載らないので、日本に来るとは思えないのですが。買う人もいないとは思うけれども、このスマホの特徴を見ていこう!!

これはインスタグラマー向け端末かも。(かわいいし。)

このスマホはなんといってもデザイン。このカラー最高よ。名前は“桜雪クリアスカイ”です。おー。なんか、いいです。この四眼もアイロニーが効いてていいですね。

そして、価格も破格の2199元(3.5万円)。安い!

そして、この4眼は

広角
超広角
マクロ
ポートレート

4800万画素メインカメラ、120°超広角、ボケの効いたポートレート写真を作る深度カメラ、超近距離撮影もできるマクロカメラの4眼構成です。

iphone 12 (噂)との大きな違いは、iphone12は望遠で、こちらはマクロレンズということです。まぁ、僕は望遠好きですけど、望遠レンズがつく三万円台以下のスマホってなかなかないのです。

(きっと、マクロレンズとか、深度レンズは安いので、流行りの眼を増やす目的で入れてると思うんですけど。どうなんですかね。)

しかし、しかし、この4眼はですね、デザインのための4眼なんでこれでいいんです。素晴らしいんです。

おまけに、40w超急速充電です。はぁー。このレベルの充電を3万円台のスマホに乗せちゃうなんて、Huaweiさんはすごいです。好きです。

注意点を少々。

注意

nova 6 SEとついているから、あれれ、iphone SEみたいに小型の端末なのかなぁ。と思っちゃうのですが、まったく小型ではありません。6.4インチもあります。大型の部類です。これで、小型だといいのですが。

あ、あと、インスタグラマー向けとか言いましたが、インスタグラムは標準では入りません。でもでも。この端末をおしゃれアイテムとして、身に着ければ、独自色あふれた存在になれることでしょう。

緑と黒もありますけれど、正直ださいです。この、桜雪クリアスカイが僕は大好きです。

でもな、でもな、Googleが載らないんだったら、僕は買えないな。僕はGoogle信者のGoogle依存症だから。

とらんぷさん何とかしてくださいよ。お願い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました