スポンサーリンク

[スペック・対応バンド] LG V60 ThinQ 5G登場。SoftBankでの発売決定!!Snapdragon 865搭載の任天堂DS型スマホの新型!!LG G8X ThinQをの後継機種だよ。

LG V60 thinQ 5Gは任天堂型スマホLG
スポンサーリンク
りんご
りんご

変態スマホってなんだい?

android君
android君

そりゃ、変態なスマホさ。

折りたたんだり、分離したり忙しいスマホさ。

筆者は任天堂DS型折り畳みスマホと呼ぶことにした。

スポンサーリンク

最大の特徴は分離折り畳みだ!!

Introducing the LG V60 ThinQ 5G

こちらはLG V60 ThinQ 5GのPVです。ちなみにこのThinQというのはLGのブランドシリーズのようで、テレビや洗濯機にもついています。SHARPがいろんな商品にAQUOSとつけるのと同じですね。

さて、この端末ですが、Snapdragon 865搭載のフラッグシップスマホですが他社のスマホに比べて性能は著しく劣っています。しかし、それをカバーするのが現実的な価格の折り畳みスマホという特徴です。

日本ではSoftbankからすでにこのLGの折り畳みスマホ「LG G8X ThinQ」はでてるので、ご存じの方もいるかもしれませんが、画面付きのケースと合体して使用します。もちろんこの、LG G8X ThinQの後継機種です。

LG G8X ThinQでYouTubeを見るのは微妙

このように合体させて、Youtubeをこうやって見たりできます。はて、真ん中に巨大な溝ができるのにこれでいいんですかね?はなはだ疑問です。意味がないですね。ただ、この折り畳み機構は自立させれるのでこれは便利ですね。

右と左で別のアプリを開くときは便利そうです。アプリ間でのコピペもスムーズにできます。

ゲームをやればもはや任天堂DS

このようにゲームもゲームパッドモードを使えば懐かしき任天堂DSのように遊ぶことができます。まぁ、この機能を目当てに買うならゲーミングスマホを買いますが。

外付けディスプレイは小さい

外側ディスプレイも搭載しており、時間や通知を見ることができますが、狭いので開かなければ使えません。

欠点はSurface duoのようにヒンジが360°回転しないので合体形態だと一画面で見ることができません。つまり、ニンテンドーDSということです。なお、悪いことにディスプレイ形態での充電はtype Cではなくマグネット型の独自ケーブルになります。基本は本体からの給電で動かせということなのでしょうか。

皆さんは任天堂DSがスマホになってうれしいですか?というところがこのスマホの最大の変態ポイントです。一画面形態で使うにはわざわざケースから外して使えということでしょうか。なら、ずっと外してそうですが。

まぁ、変態に向けた変態スマホなのでいいのでしょう。筆者はsurface duoを待ちます

[訂正]

コメント欄で360°回転するとのご指摘があり、確認したところ、360°回転するようです。ご指摘ありがとうございます。ただ、公式PVでその形態を宣伝していないのを見ると、あまりプッシュアップしたいわけではなさそうです。

ケースに装着する性質上分厚くなるり、アウトカメラが内側に折りたたまれるので、1画面形態で使用するのは不便が悪いでしょう。やはり、分離してでの使用が現実的です。しかし、360°回転できれば逆V字型に自立させ、動画視聴用のスタンドになるので、大変便利です。ただ、それでも筆者はsurface duoのシンプルさのほうが好きですが…。

Introducing Surface Duo

二画面スマホをお待ちの方はこのスマホも検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

LG V60 Thin Q 5Gのスペック・対応バンド

欲しい変態さんのためにスペックも示していきます。

LG V60 Thin Q 5Gのスペック

LG V60 Thin Q 5Gのスペック一覧
  • SoC:Snapdragon 865
    • 5G対応
    • Anutu:約57万点
  • 容量
    • ストレージ:128GB UFS2.1
    • メモリ:8GB LPDDR4
  • 3眼+インカメ一眼
    • メイン:6400万画素 f/1.8  1 / 1.72
      • OIS(光学式手振れ補正)あり
    • 超広角:1300万画素  f / 1.9 1 / 3.4″
    • ポートレート:30万画素
    • インカメ:1000万画素 f/2.0 水滴型
  • 有機ELディスプレイ
    • サイズ:6.8インチ
    • 1080 x 2460ピクセル
    • Gorila Glass 5
  • バッテリー・充電
    • 容量:5000mAh
    • 充電速度:25w
    • ワイヤレス充電対応:10w
  • その他
    • 画面内指紋認証
    • Micro SDカード可(セカンドSIMと排他)
    • イヤホンジャック完備
    • WiFi6対応
    • ディスプレ付きケースが付属

Snapdragon 865の他社のフラッグシップに比べると、控えめな性能になっています。メモリの最新規格LPDDR5に非対応だし、ストレージの新規格UFS3.0にも非対応です。5Gスマホ全般につけられてきているので、ここが微妙なのは速度を追求する5Gスマホとしてはマイナスポイントです。カメラはインカメ・アウトカメラともに控えめな性能です。今時、望遠のないフラッグシップスマホは逆に珍しいくらいです。超広角は1300万画素となかなか期待できます。

Galaxy Note 10のようなアウトカメラのデザイン

アウトカメラの配置はGalaxy S 10とそっくりで、横並びです。この並べ方は田舎感があって個人的には好きです。

さらに、SONYに続きLGもイヤホンジャックを残してくれました。イヤホンジャック勢は歓喜の瞬間ですね。

価格は12万円と予測するサイトがインドにありました。(真偽不明ですが)

やはり、任天堂DS型は30万円前後の横型折り畳みスマホに比べるとかなり安くなっています。ここは良い点です。日本ではまたもや、SoftBankから出してくれることでしょう。

対応バンド

4G対応バンド

LG V60 ThinQ 5G(SoftBank版) LG V60 ThinQ 5G(US版) LG V60 ThinQ 5G(グローバル版) docomo au Softbank 楽天モバイル
700MHz帯 バンド28 対応 対応 △、田舎 △、田舎 △、田舎 △、田舎(au)
800MHz帯 バンド18 対応 超重要、田舎 超重要、田舎(au)
バンド26 対応
バンド19 対応 超重要、田舎
900MHz帯 バンド8 対応 対応 対応 超重要、田舎
1.5GHz帯 バンド11 対応 △(au)
バンド21
1.7GHz帯 バンド3 対応 対応 △(東名阪) まだ少なすぎ 超重要(楽天)
2.0GHz帯 バンド1 対応 対応 超重要 超重要 超重要 超重要(au)
2.5GHz帯 バンド41 対応 対応 対応 高速通信用 高速通信用 (注意) 高速通信用(au)
3.5GHz帯 バンド42 対応 高速通信用 高速通信用 高速通信用 高速通信用(au)

4G対応バンドの詳細については別記事「実践編:対応バンド表」「理論編:対応バンド表」をご覧ください。

5G対応バンド

周波数帯 バンド LG V60 ThinQ 5G (SoftBank版) LG V60 ThinQ 5G(US版) LG V60 ThinQ 5G(グローバル版) ドコモ au SoftBank 楽天モバイル
Sub6 3.7GHz帯 n77 対応 対応
n78 対応
4.5GHz帯 n79
ミリ波 28GHz帯 n257

5G対応バンドの詳細については別記事「5G対応バンド表:SoftBankが微妙」をご覧ください。

このように対応バンドは日本の全キャリアの4Gバンドに対応し、5Gバンドもn77に対応しているのでSoftbankでも利用可能です。これらのことから日本市場への投入をしようとしていることは明らかですね。

LG G8X ThinQを購入しようとしている人は5Gが欲しいのであれば、このスマホが日本で出るまでまったほうがよさそうです。

[追記:対応バンドを拡張しました]

SoftBankの発売が決定したため、SoftBank版での対応バンドを確認したところ、au・docomo・楽天の田舎バンド(プラチナバンド)がなくなっていました。

ただ、docomo版が存在するという噂があるので、こちらの対応バンド次第では、docomoはもちろん楽天モバイルでの田舎での使用は可能でしょう。ちなみに、グローバル版の対応バンド情報はkimovilが出典です。このサイトは網羅性は高いですがたまに間違いがあるので、注意していますが、どうしても自力でグローバル版の対応バンドを見つけ出せなかったので、使用しています。あしからず。

なお、US版は日本ではほとんど電波が掴みません。

スポンサーリンク

追記:SoftBankでの発売が決定!!

SoftBankで発売が決定

日本でSoftBankから発売されることが確定されました。対応バンドの読み通りです。これは筆者の完全勝利です。褒めたたえて下さい。

りんご
りんご

OPPO Reno 3で誤報だした奴が言うなや。

あはは。

SoftBankでは4月下旬以降の発売となります。価格は現在未定です。10万前後だといいですが、たぶんむりでしょう。

コメント

  1. 360回転しますよ?

    楽天モバイル回線で使えるなら欲しいです!

    • どら焼きWKさん、コメントありがとうございます。もう一度ハンズオン動画(https://youtu.be/c3fnCDNFNnI)を見ましたが、やっぱり360°回転はしないと思います。もし間違ってたらごめんなさい。やっぱり、任天堂DSと同じ可動範囲の用に見えます。筆者はSurface Duo(https://youtu.be/kU78s9ExFFA)のように360°回転する2画面スマホのほうが好きですね。
      あと、バンドだけ見れば楽天モバイル回線で使えますね。楽天モバイルで販売するかはわかりませんが。少し待てばlg g8x thinqのように中古市場に回ってきそうなのでそれを待っても良さそうですね。

  2. コメントありがとうございます!
    LG G8X ThinQは店頭でさわってまして
    フリップ(サブモニター)
    裏側まで回せるのは確認済です!
    後継機の、この子が回らないのは、あり得ないかと思いコメントしました!

    スペック的には楽天問題ないんですね!
    使える確信持てれば
    ソフトバンクから単体購入
    即日SIMロック解除で購入しようと思ってます!

    LG G8X ThinQを昨年検証したのですが、、、5G非対応は嫌なもので、、、我慢しました

    本当はgalaxynote派なんですけどねw
    全部入り、2画面でアプリ複数立ち上げは魅力的です

    • 再度のコメントありがとうございます。
      LG V8X ThinQの360°回転を確認しました。V60も回りそうです。
      ご指摘ありがとうございます。公式PVでも、hands-onでも回していなかったので勘違いしてしまいました。申し訳ありません。記事も訂正します。
      ただ、360°回すとケースの都合上とても分厚くなってしまうのは、デメリットに感じました。Surface Duoはその点、スマートには見えますが、Surface Duoはカメラがおそらく1眼でSDM855で5G非対応っぽいので、機能全載せではないので、どら焼きWKさんのおっしゃる通りLGのほうがその点、分がありますね。
      LG G8X ThinQは相当安く売ってくれましたが、今回は何円になるか気になりますね。

      Galaxy Note、あれはいいものだ。

    • 楽天モバイル回線(MNO)の件ですが、グローバル版の対応バンド表をもとに議論していました。大変申し訳ないです。記事でも追記しましたが、SoftBank版はグローバル版と対応バンドが異なるので、au・docomoのプラチナバンドを拾いません。楽天モバイル回線は4GがB3で5Gがn77なので、対応はしているのですが、国内で大半のauローミングエリアではauのプラチナバンドであるB18・26に非対応なので田舎にいくとつながりにくくなります。
      ただ、記事でも述べましたがdocomo版がでる噂がありますので、そちらの対応バンド次第では、楽天回線(MNO)でも使えるかもしれません。
      何度も訂正し申し訳ありませんでした。対応バンドは一つのスマホに複数種類あるので、細かくチェックしなければいけないことを痛感しました。
      楽天モバイルのバンドについては、この記事(https://androidnosekai.com/rakuten-mobile-band/)を参考にしてください。

  3. Σ(゚д゚|||)スペックソフトバンク版だと変わるんですね、、、

    三重奈良が主要行動範囲なので、、、電波届かなそう
    ドコモ版だと5Gバンドを楽天対応バンドから外してきそうですね、、、

    素直に、、、note買うか、、、でも5Gが、、、、
    6月ポイント還元ギリギリまで粘って
    楽天サプライズ発表を待ちますか!

    • 確かに、Galaxy Note 20は来秋ですもんね。ポイント還元終わってますね。
      でも、無理に早く5Gスマホを買う必要は薄い気がします。
      そもそも、SoftBankの5Gの対応エリアは極小でした。(三重・奈良は一切ないです、もちろん、docomo・auのほうが広いでしょうが)
      実は5Gスマホにも二種類あって、sub6対応5Gスマホとミリ波対応5Gスマホというのがあります。
      (ミリ波のほうが圧倒的に速いですが、ミリ波の基地局の普及は2022年と予想されています。)
      Galaxy S20+、ULTRAは珍しくミリ波対応5Gスマホだったので、おそらく、Galaxy Note 20+もミリ波対応でしょう。
      ミリ波5Gの時代までより長くつかえるGalaxy Note 20を待つのも一手な気がします。(まぁ、日本版だけミリ波対応がないかもしれませんが)
      このスマホはもしかしたら、画面下カメラ搭載機種かもといわれています。邪魔なインカメからおさらばです。
      ロマンがあります(>_<)

  4. 色々と教えて頂きありがとうございました。
    危うく地雷踏むところでしたが
    主要電波認識しないと解って、、、複雑ですが助かりました!

    次かい買い換えるなら5G対応で!
    電波が届くようになった後にそなえたかったのですが、、、

    6月まで様子見て端末は吟味したいと思います!
    note20ダメなら、、、
    galaxyfold2でも、、、うん
    ランクアップしてるよ、、、汗

    ではでは 連投失礼しました‼

タイトルとURLをコピーしました