スポンサーリンク

Mi Note 10 Lite発表!紫が映えるIMX686湾曲スマホ!スペックも見ていくよ。

mi note 10 liteの紫は綺麗Xiaomi
スポンサーリンク
りんご
りんご

Mi Note 10の子分がでたんだって?

android君
android君

日本でも発売されたMi Note 10のカメラを弱体化したモデルだよ。

その分、お求めやすくなっております。

スポンサーリンク

Xiaomi Mi Note 10とカメラ構成はまるで違う

Mi Note 10 LiteとMi Note 10のカメラ構成の違い

Xiaomiの公式ページにもありますが、このように、パット見で明らかに分かる位カメラ構成は異なります。Mi Note 10は発売当時、DxoMarkで一位を取るほど、優秀なカメラで、このカメラ構成はそのまま、XiaomiのフラッグシップスマホであるMi 10 Proに受け継がれました。このカメラ構成のうち、200万画素マクロカメラ以外のすべてのカメラが差し替えられました。このことにより、Xiaomiのミドル以下のスマホのカメラ構成に近いスマホとなりました。

SONY IMX 686搭載には期待大

ただ、Redmi K30シリーズで初搭載された、SONY製の新型イメージセンサーであるIMX 686が搭載されており、ここには大きな期待が持てます。Redmi K30シリーズのカメラレビューを複数みましたが、なかなか綺麗に撮れているので期待が持てます。ただし、OISはありません。(書いてないことから推測)

イメージセンサーのサイズを誤字するXiaomi
Xiaomiがイメージセンサーサイズを誤字している

ただ、このメインセンサー以外は800万画素超広角と微妙で,1/4のセンサーサイズしかありせん(ちなみに、Xiaomi mi 10 liteのスペック表のセンサーサイズは明らかにおかしく、1/1.5が1/5になったりしています。)これは微妙なポイントです。

加えて、Redmi Note 9S・9 Proなどでは採用されてる、500万画素マクロレンズはMi Note 10よりスペックが向上してしまうのを避けるためか、何故か200万画素のものとなってしまっています、Redmi Note 9Sではあれだけドヤっていいただけに残念な限りです。

Xiaomi Mi Note 10 Liteの詳細カメラスペック

深度センサーは500万画素と筆者の知識の範囲内ではXiaomiでは初搭載となっています(Mi 10も深度センサーは200万画素)、これによりどのようにポートレート写真が撮れるように変わるのかは気になるところです。なお、フラッシュが2つあるのもプレゼンで強調していたので、一応述べておきます。今どき、フラッシュなんて使わない気もしますけども。また、インカメに関しても3200万画素から1600万画素に落とされています。

スポンサーリンク

カメラ以外のスペックはMi Note 10そのまま

MいNote 10 Liteの機能

カメラ以外に関してはMi Note 10と全く同じです。一番の特徴は湾曲有機ELディスプレイで、6.47インチもあります。ミドルレンジ帯で湾曲有機ELディスプレイはXIaomi内はもちろん、スマホ全般を見渡しても珍しいので、湾曲ディスプレイが欲しいけど、高いのは嫌だなぁという方向けのスマホとなっています。もちろん、有機ELなので、画面内指紋認証となっているのも良いポイントです。

充電周りも優秀で、2日持つ5260mAhの巨大バッテリーを備えつつ、30Wの超高速充電にも対応しています。もちろん、Appleのようにケチくさいことはしないので、箱に付属しています。

ただ、2019年下半期発売のスマホがモデルとなっているので、少し古臭さを感じる水滴型ノッチを搭載しているため、デザイン面では、パンチホールなどと比べ、だささを覚えます。これは仕方のない話ですが。SoCはSnapdragon 730G搭載なので、Antutuは22万点程度と、Redmi Note 9S・9 Proとほとんど変わらない点は注意しましょう。(ただしあちらは液晶ディスプレイです)

スポンサーリンク

紫の新色が凄まじく物欲をソソる

紫色の新色は最高

個人的にこのスマホで最も気になったのはこの紫色です。この紫はMi Note 10には存在せず、新しい色になります。XiaomiでRedmi K30などで紫色はありますが、カメラユニットの色もあってか、質感が少しダークで大人っぽい印象を受けました。

この紫がなければ、カメラ構成が微妙なので、まったくもって、興味はでてませんでしたね。Mi Note 10の緑色は嫌いなので素直に嬉しいです。背面もディスプレイと同様にゴリラガラス5なので、嬉しいです、手触りも良いことでしょう、代わりに204gという豊満ボディになってしまいましたが。

スポンサーリンク

価格はEU価格で4万円だからもっと安くなるかも

Mi 10 Liteの価格

肝心の価格は6GB+64GBが349ユーロ(約4.1万円)で、6GB+128GBのモデルが399ユーロ(約4.7万円)となっています。こちらは、ユーロ表記のEU価格のため、おそらく、Mi 10 ProのようにAliExpressなどで発売の際は更に安くなって発売されるものだと思われます。おそらく、実売価格は3.5万円位になると予想してます。

日本版はMi Note 10が発売されているので、筆者はでるかもと、思いましたが、発表の前後でXiaomi Japanは一切のツイートでしてなかったので、発売される望みは薄いでしょう。しかし、対応バンドはMi Note 10と同様に、B18/26・B19に対応しているので全キャリアのプラチナバンドを拾います。Xiaomiのスマホではなかなか無いことなので、嬉しい限りです。これもMi Note 10ベースのおかげでしょうね。

【追記】

技適認証が通っているという情報がでているので、日本でも発売される可能性はありそうです。紫色好きの日本人には嬉しいニュースですね!

スポンサーリンク

【追記】GizTop,Amazonで販売開始

GizTopで販売開始、驚異の309ドル

GizTopで販売開始しており、20ドルオフのクーポン「N10L20」を利用することで驚異の309ドルで購入することができます。これはお買い得ですね。

日本でもXiaomiが公式に販売開始しました。なんと、驚異の39,800円です。技適もあり、B18/26・19対応で楽天モバイルも含み全キャリア対応の有機ELかつ湾曲ディスプレイスマホがこの驚異の価格です。Xiaomiさん、流石ですよ。

Amazonには上記以外にXiaomi正規販売店以外の販売店もあります。そちらは対応バンドが微妙なのでご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました