スポンサーリンク

[OCNニュース] 電力怪獣Zenfone Max Pro M2にRAM6GBモデルが登場。いつも通り、セール価格からスタートだよ。でも微妙。

zenfone Max pro M2 6GBASUS
スポンサーリンク
android君
android君

OCNモバイルの新端末だよ。

スポンサーリンク

メモリ6GBのモデルが追加されたよ

OCNモバイルは国内最安でスマホが購入できる会社なので、新端末やセールの発表を、このサイトでは動向追っています。

今回はスマホの新発売です!

新端末はZenfone Max Pro M2。実は、前からこの端末はあったのですが、RAM 6GBモデルが発表されました。と、同時にいつも通り、発売記念特価で5,000円引きされ、27,280円ととなっております。(2020年1月22日まで)

RAM(Random Access Memory )はストレージ(ROM; Read Only Memory )のように貯蓄のための容量ではなく、作業のための一時的な容量である。

RAMはパソコンではメモリとよく言われる。(以後はメモリと呼ぶ。(RAMってわかりにくい言い方だ。))

メモリが多いと何がいいのかというと、複数アプリの同時起動がサクサクになる。 例えばインスタグラムとかを投稿している途中に、途中にほかのアプリを開いていたら、いつの間にか、インスタグラムの投稿画面から元に戻って、またはじめからやらなければいけない時がある。これはスマホがほかのアプリの作業に集中するために、バックグラウンドの作業をやめたということだ。これはメモリが増えれば、バックグラウンドでのアプリも作業が維持できるので、落ちにくくなるということだ。

つまり、メモリ6GBモデルのほうが、快適っていうことですけれども…。問題は価格差ですよー。

16,280円の4GBとモデルとの差がなんと1万円もあります。(2019年12月セール時)

ASUSさん。そりゃ、ないよー。

正直いって、メモリはそんなに優先順位の高いものではないので1万円の差でこれを買うのは正直ないですね。別に4GBで、そんなにアプリが落ちまくることなんてないしね。

スポンサーリンク

バッテリーが特徴のスマホだが…。

Zenfone Max Pro M2

ASUSのZenfone Max Pro M2自体の特徴は上の画像にあるように、「性能電力怪獣」とあるように、電力つまりバッテリーがすんごく大きいのです。なんと驚異の5000mAhです。

ただ、OCNモバイル内での対抗機種は同じくOPPO A5 2020であり、

Zenfone Max Pro (M2) vs OPPO A5 2020
ZenFone Max Pro (M2) OPPO A5 2020
価格 現地 セール価格(12月現在) セール価格(12月,OCN)
16280円,27280円 10780円
基本 CPU ミドル;snapdragon 660 snapdragon 665
メモリ 4GB,6GB 4GB
ストレージ 64GB,64GB 64GB
重さ 175g 195g
カメラ 眼数 二眼 四眼
レンズ構成 メイン,ポートレート メイン,超広角,ポートレート,ポートレート
画素数 1200万,500万画素 1200万,800万,200万,200万画素
インカメラ構成 バスタブノッチ,1300万画素 水滴型ノッチ,1600万画素
電池 容量 5000 mAh 5000mAh
充電速度 3.5時間 急速充電なし
その他 ディスプレイ 6.3,FHD+液晶 2,280 x 1,080 6.4,液晶 1600×720
認証 背面指紋認証 背面指紋認証
スピーカー モノラル ステレオ
日本三種 防水 ない なし
防塵 ない なし
おサイフケータイ ない なし
ほかの特徴 micro SDカードでとデュアルSIMトレイは別個、ネイティブアンドロイド micro SDカードでとデュアルSIMトレイは別個

以上のように、OPPO A5 2020のほうが、価格が安いのに、超広角カメラがついているので、お得です。ただし、ディスプレイの画質が悪いのがOPPO A5 2020の弱点ではあります。

なお、こちらの記事でほかの端末を含めたOCNモバイル取り扱いモデルの比較を行っています。

スポンサーリンク

まとめ

メモリ6GBモデル;価格はねあげすぎ、論外

メモリ4GBモデル;安いがさらに安いOPPO A5 2020のほうがお得

コメント

タイトルとURLをコピーしました